越境 トラブル

2019年6月27日木曜日

役立ち

t f B! P L

遂に隣人トラブル

境界線トラブルとエンカウントしてしまった

事の発端は

『今日リフォーム屋さんが来て、裏のAさんが塀を建てるんだけど、うち(クレメンス家)の木の根がAさんの敷地に伸びてるから撤去費用を払ってほしい。見積もりができたら持って行きます。だって~(-_-;)』

との妻からの連絡でした。

それを聞いた僕は
「はぁ?なんでうちが撤去費用払うの?(# ゚Д゚)」
「そもそも塀を建てるのAさんだろうが!」
「うちに費用出せっていうなら木は切らせない!」
と怒りマックス...我ながら超短気w

僕はその日のうちにリフォーム屋に電話をしました。

伝えたことは3点

1、クレメンス家は木の撤去費用は支払わない

2、木の撤去費用を、Aさん又はリフォーム屋が負担するなら木を撤去してもよい

3、そもそも境界線上の木はクレメンス家の物ではない

そうなんです...

境界線上の木は、クレメンス家でもAさん家の物でもない

誰が植えたのかわからない木なのです(´・ω・`)

よくよく話を聞いてみると

Aさん→木を切らないと塀が建てられない。だけどクレメンス家の方が昔から住んでるし、木を切る許可を貰わないと切れないし...どうしよう...(´;ω;`)

リフォーム屋→微妙なラインですがクレメンス家の敷地から生えてるように見えるから、クレメンス家の木に違いない。クレメンス氏に切っていいか聞いてきます(; ・`д・´)

クレメンス→昔からある誰が植えたかわからない木だから撤去費用さえ出してくれるなら、好きに切っていいよ(^p^)

許可さえ出れば切りたいA家
とにかく塀の工事がしたいリフォーム屋
費用の負担がないなら好きに切ってクレメンス

3者の思惑が合致した結果

木の撤去費用はA家の塀の代金に含まれることになり
揉めることなく円満解決できました(`・ω・´)
いぇーい
邪魔くさい木が撤去されるぜー!

今回、円満に解決ができたのは
A家とクレメンス家の関係が比較的良好
だったということが大きいと思います。
大抵の近隣トラブルは感情のもつれが原因ですしね(;´Д`)
※Aさん...直接聞いてくれればよかったのに...小声

越境してきた枝を切った、切らないで訴訟にまで発展する世知辛い昨今

お互い様の半歩譲り合った関係を作っていく努力って大切だと思います。(´・ω・`)

訴訟になる前に話し合おう!



※ただし、ゴミ屋敷と野良猫エサやり家!テメーらはダメだ(# ゚Д゚)

QooQ